忍者ブログ
大好きなお花の事、猫の事、世の中の事、 本音をつぶやくブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は、区役所に行き娘の手当ての手続きに行く。未成年の重度障害児を抱えていると障害児扶養手当というのが支給される。しかし、娘は今月15日に20歳になるので、また今度は障害年金などの手続きなど、とにかく娘が愛の手帳という知的障害の手帳を交付してもらうにも、何をするにも、現況届け、あそこに行け、ここに行けと毎年何回ももう15年もやってきた。とにかく僅かでも娘のためにと、区で手続きするもの、都、国ともうそれぞれ根気の要る手続きというものを何年間もしてきたのだ。

それはお役所ならではの手続きの問題で、わかるんだけど・・・きっと中には、障害を偽って手当てを貰う悪い人もいるのかもしれないし、マニュアル通りの手続きが必要で、しかも精神科医の診断書と知的ランクを評価する心理カウンセラーのテストを受けさせられる。絵を描いてみて、折り紙折ってみて、同じように積み木を積んでみて、・・・・・はい。娘は元気良く、ぐちゃぐちゃにあからさまに嫌そうな顔をして絵?というか線を書き、折り紙はぐちゃぐちゃにして投げ捨て、積み木は倒し、あれやれこれやれ攻撃で最後には意味がわからなくて怒り出し大声出して何もしなくなる。その度に何年も何年も変らない同じ事を聞かれ、最後に「はい。変らず判定は重度です。」と言われ解放される。

しかし、18歳まではまだ良かった。児童相談所っつーもんがあって、そこに専門医が来てくれ無料で診断書も作成してくれて、あとは役所に提出すればよいだけだった。
今回、18歳以上になり、どこかの精神科医で診断書を書いて貰ってくれと言われた。
まず知的障害児・者のそういう診断は、全て精神科医の分野である。中には合併症を持ち心臓や眼科、娘のように脳外科も主治医になるが、知的分野の全般は精神科医の担当である。
・・・・が、この世の中の精神科医のその意識の薄さというか、そういう小児精神科医、知的障害者を受け入れる精神科医の少ない現実に私は相当腹を立てている。

まず、どんなにお願いしても児童相談所は18歳以上になったらそこでは見てくれない。13年間もそこで看て貰ったのにどこにいけばいいのかと聞くと、東京都心身障害者センターへ行けと言われる。そして、そこも都の管轄であるから私は電話で診断書を書いてくれる医者がいないのでここに連絡するように言われたと長々と説明すると、「今、係りに回しますから」と言われる・・・・・・(ノ_-;)ハア…最初っから言えよっ~(-゛-;)~
めげずに事情を説明すると愛の手帳の診断ならするけれど、年金の為の診断はできないと言われる。こんなに困っているんだから、どっちだっていいじゃないかって思うのだけど、社会保険庁の為にはできないらしい。しかし、以前にした診断書のコピーなら下さるとの事で、一瞬ほっとした。昨年行ったから、それでいいいかと思ったが、社会保険庁の診断書の説明には、診断書は3ヶ月以内ものと注意書きに書かれている・・・。

でもって、長年お世話になった児童相談所に電話して、そこの嘱託医の先生の場所など聞くが一切教えてもらえない、その代わり困り果てた私に○○精神科は以前○○養護学校の嘱託医をしていたから、協力してもらえると思いますと電話番号を聞いた。家の近くだ!!心からお礼を言いすぐさまそこに電話すると、お前は一体なんなんだっていう偉そうなおばさんが電話に出て「そんな子看れるわけないでしょ!!」ってなぜか怒られる。怒られる筋合いは無いから「看るのは先生だし、そういう学校の子達を看てくださったのだから先生に聞いてください!」と食い下がる。怪訝そうにメロディも流さず医師の声は丸聞こえ「断れ!断れ!」・・・・はぁ???とても病んでる患者の案内をする優しい受付にはほど遠いおばちゃんが「あのね!うちは予約が必要なの!」私「・・・だからこうして」(ババアは人の話は最後まで聞かない)「いきなり来てそんなの出来る訳無いじゃないの!!ずーっと通っていて初めてできるもんなのよ!!ガチャン!!」Σ(-◇-;)えっ・・・
(-”-;)ぉぃ....... だったら鬱病やパニック障害とか生まれてからずーっと看てもらってんのかよ・・・(怒)

次に紹介された元○○養護学校の嘱託医だった、ちと遠い病院に電話する・・・
さすがに病院で大きいのか、そんな酷いおばちゃんではなかったが、そこでもずっと通っていた子しか書かないと言う。生育歴が大事で納得出来ないような出来るような理屈で電話を切った。心配してくれた児童相談所の職員の方が電話をくださり「どうでした?」と聞かれ、不覚にも涙声になってしまった。そこの相談所は親子でずいぶんお世話になった所で、待ち時間が長い時に娘がパニックを起こし事務所中を大爆走した経験や、一瞬の隙に外に飛び出して職員の方と体張って押さえた事もあり、ちと有名なのだ。そんな15年ものお付き合いから心配してくれたのだと思う。

その人に愚痴っても仕方が無いのだけど、じゃあ次は元○○学校の嘱託医の・・・と言われた時に、涙声でもういいです・・・と言ってしまった。そこで初めて重度の自閉症ですと告知され手帳の交付を受け、都のバスは何割引で乗れますとか説明されてもショックでうわの空だった時から、もう大きくなったね~はい。いつも通りですね、これで区役所に出せばOKです!と言われ手を振り笑顔で帰るついこの間まで、こんな手続きで、こんなにも苦労して医者にお願いしなければいけない時が来るとは思わなかった。

だいたい、医者って例え診断書でも診療拒否に値しないのだろうか?受付のおばちゃんなんて持っての他で例えどんなに苦しい精神病になったって、あんたの所には絶対行かないよっ!!けっ!!って思うし、じゃあ精神科医って鬱病とかノイローゼとか一般の・・・って言ったら変だけど、障害者お断りって書いとけよって思ったし、そんな子呼ばわりされる覚えはねーんだよ!!ぐらい怒っていたので、本当はすごい困っていたのだけど涙声でお礼を言い終わってしまった・・・。

だから、私はこれから(誕生日から3ヶ月以内)に診断書を快く書いてくれる医者探しに奔走するわけだけど、私はそれよりも何よりも、その馬鹿な手続きのお役所仕事に一言言いたい。
毎年、毎年、収入届けだの、障害は変りましただの、書類、書類で手当てを受ける側だから今まで文句も言わずにやってきたけれど・・・

そんな、一年で治ったり、障害が変るくらいなら・・・・・

 

 

 

 


苦労しねーーーんだっつーの!!

(━━━┳━━━'`_゛━━━┳━━━;;;;)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
参考になりますでしょうか?
KAZUさん、こんにちは。

ご参考になるかどうか・・・。
昔、東京勤務の時かよっていた病院の精神神経科はよさそう。
http://www.ntt-east.co.jp/kmc/sinryo/19seishin.html
あと、科は違うけど、神経学的発達に関する外来
http://www.ntt-east.co.jp/kmc/sinryo/18shouni.html
都内ですが、KAZUさんのお家からは遠いかも・・・。

ただなぁ、総合病院だから紹介状がどうの言うかなぁ。
高原です 2006/10/07(Sat)15:38:00 編集
ありがとうございますm(_ _"m)ペコリ
実は今日、運動会でして、職員の方に相談した所ちと予定はまだ未定なのですが、快くしかも出張で施設まで来てくださるお医者様がいるとの事で、早速予約のお願いをしました!!!
\\( ⌒▽⌒ )// バンザーイ
ご心配をおかけしました。でも・・・こういう状況は本当は良くないことですよね。医者も受け付けももちろん受ける側もまずは人間同士の会話をしましょうよと言いたいです。
でもありがとう高原さん、これは保存しておきます。やっぱり今後の為にも気持ちよくして頂ける人間としても尊敬できるお医者様に巡り会いたいですもの。技術は大切だけど、その前に・・・と思うことが残念だけどよくあります。それは動物病院にもです。
KAZU URL 2006/10/07(Sat)16:10:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
かずみん
性別:
女性
職業:
ドライフラワーアレンジメント
趣味:
ガーデニング・読書・大好きな猫と遊ぶ事
自己紹介:
日常の本音を綴った日記です。
花とハンドメイド、映画や本を読むのが大好きです。
バーコード
カウンター
アクセス解析
お天気情報
運動会  HOME  言葉にならない・・・

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]