忍者ブログ
大好きなお花の事、猫の事、世の中の事、 本音をつぶやくブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本当はいつも明るいブログで楽しんで頂きたいのだけど、どうしても今日は書きたいことがあって・・・というより、皆さんにもご理解いただきたいと思います。

一昨年の出来事で、小金井市の身障学級で自閉症児8歳の男の子が、体育の時間中、彼は体育倉庫に入らないように注意を受けたが、言葉がわからずそこにいたら、担任の養護教諭に「そんなにそこにいたいのなら入っていなさい」と閉じ込められ、8歳の男児はパニック状態で恐怖の余り、地上2階の倉庫の窓から飛び降り、奥歯を5本、あごを15針縫う怪我を負い、両親が学校と担任教諭を相手に裁判を起こしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061004-00000071-mai-soci

自閉症は一口では説明しきれないが、体育の時間にいなければいけない場所に入れないのも、パニックを起こしてしまうのも、奇声を発してしまうのも、娘を見て思うのは、決して授業を怠けたいとか・・・、駄々をこねたいとか・・・人を驚かせたいとか・・・そんなものでは無い。
ただただ・・・「恐怖」。その思いでしかないのです。訳が判らないことの恐怖はいくら母親の私でさえ、想像の域に過ぎず、でも自閉症に関わる親・教育者なら誰でも知っている初歩的な初歩。
それもわからず閉じ込めるのは、ただの監禁行為であり、教育でも何でもない無知なその教師に憤りしか感じません。彼はきっとそこが5階でも10階建てでも飛び降りたでしょう。

私の娘は私立の障害をきちんと勉強した教諭が揃っている学校を選びました。
公立の小学校の身障学級では、全てではありませんが、あまりに知らないで身障学級を務める先生が多すぎる事に私はかねてから危険だと思っていました。
どういう理由でそのクラスを志望したかわかりません。手当ては普通クラスより多くつくそうです。大抵は補助の先生がつきます。なのに、なぜこんな簡単なことも、障害の特長についても、初歩的な勉強もしないのか理解できません。

子供が言葉を理解してくれるのなら、身障学級になんて入れないでしょう。
自閉症児の親がどれだけ、子供の心の声を聞きたいか、それは1分でも30秒でもいい、誰もがそう思います。
この苦しみを理解してあげたい、取り除いてあげたいと思うのだけれど、感覚や認知力などそこがおかしいので、どうにも親でさえ歯がゆい時が毎日です。

http://www.nucl.nagoya-u.ac.jp/~taco/aut-soc/rainman/autismQA-j.html

↑ これは自閉症のとてもわかりやすいQ&Aです。
娘は非常に重いので、この半分ぐらいしか当てはまりませんが、指導する教師がこんな事もわからないのかと思うと憤りを感じると共に、どんなに怖くて飛び降りたのだろうと思うと胸がつぶされる思いで悲しくて仕方が無いです。
だいたい、言葉がわかれば苦労なんてしないんだよっっっ!!!それでも自閉症児の親はあの手この手で子供の声を聞こうとする。はたから見れば我がままな子育てに見えるでしょう。「お母さん、怖いよぉ」その声がキャッチできないもどかしさや悲しみは本当に言葉にはできない・・・

身障学級だけではなく、養護学校も、普通の学級も、教師とは何が一番かもう一度考えろって言いたい。
小6の女の子の自殺事件・・・。今日のブログでの男の子・・・。
教育や指導の前にお前らがしなきゃいけないのは、子供の命を体を張って守る事だ!!!
勉強や忘れ物や同じように出来ない、そんなのは命に比べたら本当に小さい事。
一度でもその子の心の声を聞こうと努力してみたか?

どんなに辛かっただろう・・・どんなに悲しかったろう・・・と思うと涙が止まらない。馬鹿な教師じゃなかったら怪我もせず命を失う事もなかったんだ。一生、その馬鹿な頭で考えろって思う。自分の子供が同じ事をされたら、お前はどう思うのか・・・


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
同感です
娘がこのニュースを見た時『馬鹿か おまえは・・入っちゃいけないと言いながらなんでそこに閉じ込める・・・』が第一声でした
無知といってしまうにはあまりにも低次元・・
小学校からずっと一緒だった多動性症候群の男の子が中学でも同じ学年に居り何かと彼をフォローしていた事を他の事に結び付けて とがめられ娘はある教師からいわれのない嫌がらせを受け続けPTSDになりました
教師は時として尊敬されていない 言う事を聞かない そんな理由だけでも思うとおりにならない子を疎ましく思う事があるようです
社会勉強が足りないのでしょうね
PTSDすら解らない
結果が予測できない・・
でも件の男児 怪我だけで済んでよかった・・命の重さもっと学んで欲しいですね
通りすがりの猫 URL 2006/10/06(Fri)00:28:06 編集
本当に・・・
教育者に学べって言うのは、本当に憤りを越えたむなしい気持ちですよね。
そして教育委員会も同等であると思います。その機関そのものも馬鹿が多いから、己の保身のみを優先する卑怯者。
何よりもその被害の矛先は子供に向かう事が何より辛いですね。
あ、通りすがりの猫さん、メールぽっとんしましたですm(_ _)m
KAZU URL 2006/10/06(Fri)09:28:59 編集
KAZUさん、ごめんネ。
Q&A読みました。
なるほど分かりやすくまとまっていて、かなり理解できました。
やっぱり、現在の一般的な社会では暮らしづらいですよね。

ところで、このページから相変わらずあちこちトンデたら、「日本自閉症協会」とか「東京都発達障害者支援センター」とかに行き着きました。
全部のページを読んだわけではないのですが、なんだかなぁって感じでした・・・ (ーー;)。
この人たち(団体)ってホントに分かってんのかね。
もしかして、お上天下り団体&事務手続きお役所センター?
本当に、自閉症を抱えた親御さんのためご本人のためになっているのでしょうか?
コレと言った確証はないし、ただ自分の感覚論だけであることにお叱りを受けるとは思いますが、なんだか疑問の渦が沸いてきてしまいます。

KAZUさん、ごめんなさいね。m(_ _)m
私に心得違いがあったらご教示ください。
高原です 2006/10/06(Fri)16:59:50 編集
いえいえ・・・
私もほとんど知らないっていうか会員に入ってないです。入ろうかなと思った時もあったんですけど、何せ娘は手をつなぐのも嫌だし、友達なんていらないってカンジでひらひら・ゆらゆらしてるだけだし、そういう療育に関しては逆効果で本当に不安にさせるだけでした。
でもその時には何とかという藁をもすがる馬鹿な親の付き合いであちこちの療育に行きましたが親子共々疲れるだけで何にもならなかったです。
だからそういう療育というより今後行政に対するサポートや世の中にこういう子達がいる事を知ってもらうサポートの方が有難いですね。
でも私のようにもう自分で調べつくしほとほと疲れ開き直り受け入れる事ができればもう一人で大丈夫ですが、小さいお子さんをお持ちのお母さんが何かこの子はおかしいと、告知された時のサポートとしてはいいと思います。
まさに崖から突き落とされた孤独感がありますから、これだけ仲間がいてあなた一人じゃないよっていう意味は、何となくわかります。
特に女の子の自閉症ってすごく少ないんですよ。なぜか男の子ばかりで・・・
我が家も顔を見ると怒るので横目で見るのが得意ですよ(o ̄ー ̄o) ムフフ

どうぞ気を使わず突っ込んだ質問や謎はかえって腫れ物に触られるより全然OKで嬉しいです。
息子も「お前の妹はどこの学校に行っているの?」と聞かれ、全然気にせず「障害児だからさ、養護学校に行ってるんだよ」って答えると「あ・・・ごめん」って友達が気まずそうに雰囲気が重くなるって言うんですが、家族はそーーんなことで傷つくことはなく、むしろ知って受け入れて貰ったほうが有難いんです。隠す人がいるって話も聞きますが・・・うちは(* ̄m ̄)ぷっ 隠せませんよ。うるさいし迷惑かけてばかりで近所ではごめんなさーい!って言いながら追っかけてますが、皆良い人でいってらっしゃ~いって声かけてくれます。家庭教師の営業も「ウチの娘は障害児で・・・」って言うとあわてて切って可笑しいですよ( *´艸`)ムププ 性格悪いかしら?
KAZU URL 2006/10/06(Fri)17:54:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
かずみん
性別:
女性
職業:
ドライフラワーアレンジメント
趣味:
ガーデニング・読書・大好きな猫と遊ぶ事
自己紹介:
日常の本音を綴った日記です。
花とハンドメイド、映画や本を読むのが大好きです。
バーコード
カウンター
アクセス解析
お天気情報
わかるんだけどさー(ー‘‘ー;)  HOME  リトルキャッツ第二回東京譲渡会のお知らせ

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]