忍者ブログ
大好きなお花の事、猫の事、世の中の事、 本音をつぶやくブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今、草薙さんの主演で動物園で働く自閉症のドラマをやっている「僕の歩く道」
実は以前、自閉症の「光とともに」も見たし、ともさかりえの題名は忘れたけど、自閉症をモチーフにしたドラマは必ず見るようにしている・・・・んだけれど・・・・やはり・・・
( ̄- ̄;)と・・・・うん???と考えてしまう。

確かにアスペルガーといい高機能自閉症の人はある程度の日常生活はできるのだけど、重度の自閉症はとてもあれが自閉症です!とは絶対言えないような設定である。
自転車に乗り一人で通勤出来ちゃうんだから、そこでまず( ◎ Д ◎ )ホヘー 驚く。
私も何度、娘が一人で「行ってきま~す♪」といい出て行き、「ただいま~」と帰ってきてくれたら有難い事かと思ったものだ。一人で外に出る=死、なんだもの。信号がわかればいいし、お金で切符を買う事もできないし、車が来て避ける事を知らない。しかも、動物みたいに不規則に動くものは苦手で、我が家に猫が一杯いても、家猫の長女チョコしか娘は膝に乗ることを許さない。しかも、乗せてるのではなく、正確に言うとチョコがしがみついているが正解で、チョコも何でか知らないが娘の膝など小刻みに暴れて乗り心地が悪いのに、ゴロゴロいう面白い猫なのだ。

話はそれたけど、自閉症はあくまで症候群であって、軽度から重度まで本当に幅広く、あのドラマを見て、ふむふむこれが自閉症ね、とは思わないで欲しいと思う。
けど、一つ良いと思った点は、障害者自立支援法にも触れている点で、他の人と給料が違う事、働きに行っているのにお金を払わないければいけないその理不尽さはきちんと盛り込んでくれているので有難い。
私のよく見る「きっこの日記」にも障害者自立支援法について書かれていたので、もし良かったらそちらも覗いてください。http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/

本当に怖いのは、北朝鮮やアメリカの輸入牛肉ではなく、日本の馬鹿な国会でいつのまにか決める強行採決の中味が赤面するほど恥ずかしい酷い法律かもしれないと真剣に思った・・・
しかも、今朝の読売新聞に厚生労働省の地方の労働局のカラ残業1億円発覚という記事を見つけた・・・・・。
障害者には低賃金の上に働きに行くのに払わせて、お前らは遊んでいて残業手当てかよ・・・・(-”-;)ぉぃ....... 腐ってるよね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ちょっとヨコですが・・・国政に疑問。
ワタシは福祉のことは疎いのですが(すみません・・・)
日本の法律、最近では年金と生活保護について甚だ疑問です。
 
今の現状だと、一生懸命働いた人の年金額より、
生活保護でもらえる金額のほうが高いって、どういうことだろうって。
生活保護って、家賃もタダだったり、公共料金もタダ・・・らしい。
う~ん、これって・・・と思ってしまいます。

本当に困って・・・の人もいると思う。
ただ、周りを見渡すに、以前ぜんそくで生活保護の認定を受けた人が
近年の医療の発達のせいか、体質が変わったのか、
すっかり健康になったのに、ろくに働かない人もいる。
(近所の店の手伝いをして、小遣い稼ぎだけしてる。
本人が「働くと生活保護をもらえなくなるから。」って言っている・・・怒)

障害者の方は、年度も審査があるっていうのに、
どうして、病気だと1度認定されると、無期限で認定患者になるんだろう。
病気のほうが治るってこともあるのに。

あえて辛口で言っちゃうけど、
今、生活保護もらっている人の中で、どうしようもない原因で
お金をもらっている人って、どのくらいいるのかな。
お金欲しさに籍を入れない結婚をしている人や、
身内の医者にウソの診断書を書いてもらったって人が
何人か周りにいるせいで、すっかり疑心暗鬼なワタシ・・・(^^;

実家の近所のアパートに住んでいるおじいさん、
若い頃はタクシーの運ちゃんで、ギャンブルのせいで女房に逃げられ、
あれば使っちゃう生活をしてたらしく、今や生活保護を受けている。

同じアパートに住んでいたタクシーの同僚は、結婚し、近所に一戸建てを購入、
年金生活者になった時、そのおじいさんが母に、
「一生懸命働いて貯金だと思って、年金を払ってきた。
やっと年金をもらえる身になったけど、
年金を払わずにギャンブル三昧だったヤツが生活保護を受けられて
そのもらえる金額が、自分より多いなんて、この世の中、くさっている!」と
怒っていたのを思い出す。

キリギリスやってて、困ったらアリさんが助けてくれる・・・
これだったら、働かない、年金を払わない人が多くなるのは当然かな。

先日、知人がインドを旅している息子からメールをもらったそうで。
『ガンジスの周辺には死を待つ人の列があり、彼らは物乞いをしながら、
死後、自分を燃やしてもらうための薪代を集めています。』
今の日本であれば、(普通の人なら)働きたくでも働けないってことはないよね。
働けるのに働かず、自堕落な一生を送った人には
こういう末路があるって国になれば、少しはニートも減るのかな。
ゆも母 2006/10/25(Wed)11:00:45 編集
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ゥンゥン
生活保護については、詳しくないけれど、本当に病弱で働けず・・・というのならわかるけど、仕事が怠けて出来ないのは違うし、基本的に働かない者食うべからずの家に育っている私は、仕事だって無い、無いというけど、とりあえず何でもいいじゃないかって思ってしまう。
もちろん、それなりに適正という物があって私にダンプの運転手は無理だけれど(^-^;
でも子供に飯食わせる為なら、頑張るのが父ちゃん母ちゃんなわけで、ニートにも色々あるのだろうけど、あんまり物を与え過ぎた豊かな時代のツケではなかろうか?
母子手当てもそうだし、本当に離婚や意志を持っての生き方なら堂々と受け取るべきだし応援もする。
でも、それが手当て欲しさで父ちゃんも一緒にいるなら、子供に恥ずかしくないんかい!!(-”-;)と言いたくなる。

また、逆に生活保護の申請を受けずに餓死している老女の発見など、それもまた考えてしまうし・・・

いずれにしろ、強行採決って、本当の意味の民主主義じゃないじゃん!って思うのです。
KAZU URL 2006/10/25(Wed)15:54:22 編集
税金の使い方、再考してほしいよね・・・
昔の人からしたら、生活保護って死ぬほど恥ずかしいことだったらしい。
裏のアパートに住むおばあちゃんも、何度民生委員の人が来ても
「人に施しされてまで生きていたくない。施設なんてまっぴら!」と言い、
倒れて動けなくなるまで、ダンナさんの軍事年金(戦争で亡くなったそうなので)
だけで生活をなさっていました。

偽装離婚するような人の辞書には、『恥』なんて言葉、ないんですよ。
まして、それを堂々と言っちゃうんだから。
そういう人が、弟名義にした車(と、これまた堂々と言う)を
ちゃらちゃら乗ってきて、ブランドバッグなんて持ってるのを見ると、ムッカ~です。

うちも、『働かざるモノ、食うべからず』で育ちましたね~
だから子供達にも、学生は勉強が仕事、勉強が嫌なら働け!と言ってきました。
納得できる税金の使われ方をしてくれるなら、喜んで税金払うけど、
ニートの老後の生活費にされるんじゃ、たまんないよねー(怒)
ゆも母 2006/10/25(Wed)16:26:40 編集
??・・・なぜか不調です。
ん~~。
週明けからオツムの方が機能停止・・・。
ムズカシイことは考えられない・・・。
頭もパソコンみたいに、「ディスククリーニング」して不要なゴミを綺麗にしたり、アプリケーションのヴァージョンアップのように簡単に良くならないだろうか・・・。

>KAZUさんへ
もしかして、「ゆも母」さんが私の他の「もう一人」? ・・・違うか・・・。
高原です 2006/10/26(Thu)10:23:13 編集
がはは!
高原さん、大丈夫ですか?
頭を空っぽにするのは得意ですが<( ̄^ ̄)>入れるのは苦手なので何とも
(; ̄ー ̄A アセアセ・

・・・・・もう一人はゆも母さんじゃありませんよ。コメントしない読み逃げくんの我が息子です(●^□^●)ハハ 実に変っているんです、はい。
KAZU URL 2006/10/26(Thu)10:36:16 編集
ゆも母サマ
そー謂えば、最近、
「恥を知れーっ!」て言葉はとんと聴きませんねぇ・・・。
テレビや新聞、あっネットでも、職務怠慢or職権乱用の「恥ずかしい」公務員の話題でイッパイなのだけどネ・・・。
何が「恥」なのかは人それぞれだけど、社会の中での共通な「恥」くらいは失くさないようにしたいですね(と謂うより最近は失くし過ぎ、かな)。

公務員法かなんかで、業務怠慢などで国・自治体に損害を与えたら国・自治体はその本人へ損害賠償を請求できる(本人が損害を負う義務だっけ?)と謂う項目がある、と昔聞いたような気がしますが・・・、適用されたことがあるとは聞いてないなー。
もしあれば、バンバン適用して欲しいし、そんな法が無いならば作って欲しいよねー。
                                                     かしこ
高原です。 2006/10/26(Thu)10:37:40 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
かずみん
性別:
女性
職業:
ドライフラワーアレンジメント
趣味:
ガーデニング・読書・大好きな猫と遊ぶ事
自己紹介:
日常の本音を綴った日記です。
花とハンドメイド、映画や本を読むのが大好きです。
バーコード
カウンター
アクセス解析
お天気情報
許せる事と許せない事  HOME  東京譲渡会第二回ご報告

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]