忍者ブログ
大好きなお花の事、猫の事、世の中の事、 本音をつぶやくブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何匹かお届けに行き、無事に赤い糸を見つけたから少なくなったかな?・・・と思いきや
数えてみたら20匹・・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・まだまだですな。

でも・・・
ものすごく大変なのだけど、娘は待てないので、乳飲み子20匹より大変(T▽T)
お風呂に入れるのも、体を洗うのも、髪の毛を洗うのも、歯を磨くのも、夜は紙おむつなので、朝にシャワーを入れたり、食べさせて、着替えさせて、はい今日はお休みだから、ビデオどうぞ!!までがとにかく戦争・・・

そして・・・続く同じビデオに、同じ質問・・・・o(T◇T)尸~~SOS!!
で、睡眠障害あるので、まず12時前に寝る事は子供の頃からないので、延々と寝るまでお付き合い。

よく介護とは、寝たきりや車椅子と思いがちだけれど、身体的には歩く事もできるけれど、外に出たらどこに行くかわからないという介護は、違う意味で大変です。
何度か施設の送り迎えや、日曜日のお散歩など、ヘルパーさん探しをしましたが、まず基本は同性介護が福祉では当たり前なので、案外女性のヘルパーさんが少なく、そして高齢のヘルパーさんが多い。
「追いかける自信がありません・・・」と丁重にお断りされてしまう。

そう・・・
確かに、走り出したらどこに行くかわからないし、平気で車道だろうが線路だろうが突っ走っていくので、小さい頃は紐で私と結んで歩いた事もあったくらい・・・

ヘルパーさんや介護士さんのお仕事や勉強もある意味、高齢者や車椅子の講習が多いと聞く。
けれど実際は、我が子のように知的障害のヘルパーさんを求める声も多く、なり手がいなければ、たとえどんなに年老いても自分で追いかけなければならないので、もっと福祉の仕事も大枠ではなく、多方面に専門的に仕事があって、なおかつこの大変なお仕事なのに安給という現状が何だかな~と思ってしまう・・・

けれど、そのヘルパーさんも障害者自立支援法によって、一時間いくら・・・という高い報酬を払わないと何も出来ない状況になり、使用者も我慢せざる負えないし、せっかく就職しても非常勤としてしか、扱われない現状で本当に弱いもの虐めの構造で・・・そのうちに私は杖をついて追いかけるのかな~などと思いつつ、元気でいなくちゃ!!と皆様の送ってくださったビタミン剤をエイッと飲んだ一日でした。


負けるもんかーのKAZUに応援ポチをよろしくです。
banner_04.gif 

kanisanlogo.gif
こちらでリトルキャッツのグッズや可愛い猫のビーズネックレスを売っています。ぜひ、皆さんいらしてくださいね。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
制度と現実とのギャップ・・・
「障害がある人もない人と同じようにチャレンジでき、夢と希望のある社会を作りたい」
わざわざ首相官邸に障害者を招いて(記者会見で言った?)の言葉。
私もKAZUさんのHPを知るまで障害者の方への社会保障などの状況は考えたこともなかったのですが、これは障害を持つ方の現状をまったく勉強もしない思いつきで言ったとしか思えない。 参議院選挙に向けた人気取り、または、世間を欺く目くらましなのか・・・。
まずは、憲法25条の「生存権」を国がしっかり遵守することこそ先だろうと思う。
 
KAZUさんのblogは、いつも、人間としてのあり方や社会のあり方を考えるためのヒントが隠れていると思います。
失礼なことかとも思いますが、これからもいろいろ教えてくださいね。  m(_ _)m
高原です。 URL 2007/05/27(Sun)09:39:16 編集
はー・・・
夢と希望のある社会ですか・・・
今じゃ障害者自立支援法が一時「自殺支援法」と呼ばれ、とうとう「心中支援法」と言われ、週刊現代に掲載さrているようです。
(普段、買わない本だから、ちと買うのが恥ずかしいんだけど、読もうと思ってますだ)

こちらこそ、いつも勉強になります。
色々な情報もすぐにお知らせしてくださり、本当に有難いです(o^-^o)
KAZU 2007/05/27(Sun)19:15:56 編集
無題
ほんとにその通りだと思います。
私は、今「障害者自立支援」に係わる仕事をしていますが、現場で聞く声は「国の考えていることは理解できない」という声ばかり。去年の4月に「みなし」という形で見切り発車。10月に「自立支援法」という「支援」とは名ばかりの法律を施行し…
半年後には、批判をかわすかのような
自己負担の「軽減見直し」
そして、またこの10月には
請求方法の変更…。
めまぐるしく変わる状況に
現場(市町村)の職員さんもとてもついていけません。
説明するほうの立場の職員がこれなんだから、実際に障害を持っている方、そしてご家族の方はもっともっと訳がわからないだろうなぁ…と
ほんとに腹が立ちます。
先週も、ネット上から課長会議の資料をダウンロードして目を通しましたが
何がしたいのか。どうして、付け焼刃的な対応しかできないのか…。
本当に障害者の方のことを考えているとはどうしても思えないのです。
☆さごれ☆ URL 2007/05/27(Sun)19:47:50 編集
まさに
年寄りが年寄りを介護する時代が来てるんですもんねぇ。
今日、うちの近くのアパートで死体が見つかったそうです。
住んでいた一人暮らしの方が亡くなっていたそうで…。
いくつくらいの人かは知らないんですが、そういうの沢山あるんだろうな。
明日茶 URL 2007/05/28(Mon)22:42:41 編集
(´-ω-`)う~ん
★さごれさん★
さごれさんは、そういうお仕事だったんですかぁ~
ご苦労様です(*- -)(*_ _)ペコッ
板ばさみで大変ですよね。私は文句を言う立場だけど・・・(笑)
昔は役所の人なんかすごい横柄で上から物を言ってたけれど、最近はものすごく腰が低く、この問題に関して何か言うと、気の毒になるくらい申し分けなさそうです。
本当にわかっていないのは国が問題であって、あまりの変更と計算方法の人によっての違いにますます仕事を増やして無駄遣いしているような気がします。
一番に・・・何一つ支援になってないって言う事が気付かない政権に憤り通り越して、本当に頭にきます。

★明日茶さん★
同じ施設のお母さんもそうでした。
私たちはそういう運命かね・・・など笑って話していますが、案外結束力があるから、見つけてもらえるような気がしますけど・・・
本当に何年も・・とか、そういうのは悲しいですよね。 
KAZU 2007/05/29(Tue)00:06:50 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
かずみん
性別:
女性
職業:
ドライフラワーアレンジメント
趣味:
ガーデニング・読書・大好きな猫と遊ぶ事
自己紹介:
日常の本音を綴った日記です。
花とハンドメイド、映画や本を読むのが大好きです。
バーコード
カウンター
アクセス解析
お天気情報
乳飲み子ダイエット  HOME  自分らしく・・・

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]