忍者ブログ
大好きなお花の事、猫の事、世の中の事、 本音をつぶやくブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私はおばあちゃん子だった。

でも、赤ん坊時代に次々と祖父母が亡くなり、物心ついた時に生きていたのは、一緒に住んでいた父方の祖母だったので、おばあちゃんという存在は、それしか覚えてない。

おばあちゃんは猫が好きで、おもちが好きで、一緒に火鉢でおもちを焼いて食べさせてくれて、一緒にお相撲を見たり、その前の人形劇も見せてくれた(年齢がばれるけど)

沢山、孫がいる中で、私を一番に可愛がってくれた。
一緒に住んで、毎日おばあちゃんの応援するお相撲さんを一生懸命応援するのが楽しかったし、おばあちゃんが大好きだった。

でも・・おばあちゃんは私の母を好きではなく、いわゆる嫁・姑が凄まじい状態で、私には優しいおばあちゃんが母には辛くあたり、子供ながらに悲しかった。

おばあちゃんが癌で寝たきりになったら、母は献身的に介護した。
最後の最後に、おばあちゃんは母に「ありがとうね・・・」と言い、母はそれで救われたと今も言う。
寝たきりになると、私が「おばあーちゃん」と声をかけるだけで、おばあちゃんは泣いてしまう。動かない手を必死にもがいて、お財布から千円札を取り出そうとして、私に渡そうとする姿が忘れられない。

おばあちゃん、おこづかいはいらないよ。
だから絶対に生きててね。
・・・そう言いたかったけど、言葉に出来なかった。

私の友達には、なぜかおばあちゃん子が多い。
しかも、親とはイマイチの仲だったりして、それも似てたりする(笑)
あ、決して仲が悪いというわけではないが、やっぱり、おばあちゃんの愛情って特別なんだなーって思う。

おばあちゃんは私が中学生の時に、癌で亡くなった。
その時に、お棺に釘をする場面があって、それまで実感がなく、涙も出なかったのに、石で釘を打つ皆を見ていて、「お願いだから、閉じ込めないで~~」と号泣し、立ち上がれないほど泣き崩れてしまった。

きっと今生きてたら、猫ボラなんて一番向いて無い事やめろーって言うだろうな(笑)

ミッキー部長のおばあさまが昨夜亡くなった・・・。
仕事があったけど、とにかく行ってきなよーと京都に徹夜で車を走らせた。
おばあちゃんって、本当に無条件の愛情で何とも温かくて懐かしい・・・


合掌


すべてのおばあちゃん子に応援ポチっをお願いします。
banner_04.gif 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ミッキー部長さん
おばあさまのご冥福をお祈りいたします
ira URL 2007/11/15(Thu)23:37:10 編集
…(T 人T)合掌
ミッキー部長様へ
ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申しあげます。
 
私は、祖母が死んだ時、行方不明になってました・・・(苦笑)。
たまたま自宅へ帰ったら、葬儀の2時間前でした _| ̄|○ 。
あぁ・・・またKYなコメントを・・・(汗)。
高原です。 2007/11/16(Fri)01:14:15 編集
ミッキー部長さま
悲報に接し、心からお悔やみ申しあげます。
お慰めするすべもなく、ただ故人のご冥福を祈りあげるばかりです…。
にゃぅと 2007/11/16(Fri)07:41:33 編集
(-人-)
ミッキー部長様、お婆様の御冥福をお祈りいたします。

明日茶はじぃちゃん子です。
どっちのじーちゃんももういませんが、ばーちゃんは両方元気!
一緒に住んでる(今は違うけど)ばーちゃんは、もう94歳!
ほとんどベットだけど、ひ孫来るのを楽しみにしてます。

孫に対する愛情ってのは特別らしいですね。
アパート向かいに住んでいたじぃちゃんばーちゃんが、うちの子をとても可愛がってくれて、
じぃちゃんが亡くなったとき、あたしはすごい悲しかった。
その後、一人暮らしになってしまったばーちゃんは、施設に入れられてしまいました。
息子は二人のことを覚えてないと思います。
でも、大きくなったら話します。
孫が、じぃちゃんばーちゃんに対して抱く感情も、多分特別なんだと思います。
明日茶 2007/11/16(Fri)19:53:12 編集
私も
ミッキー部長様のおばあ様のご冥福をお祈りいたします。

KAZUさん、私もおばあちゃん子でした。
母方の祖母で私が小2の時に亡くなりました。脳溢血で倒れ1ヶ月程自宅療養していたのですが、幼かった私には意識のない眠ったままの祖母が受け入れられず亡くなった時も泣くこともできませんでした。おばあちゃんが私を可愛がってくれ私がおばあちゃんに懐いた分、両親には可愛げのない子に思えたようで、それからずいぶん淋しい思いをしました。
おばあちゃんがもっと長生きしてくれてたら私の人生変わっていただろうなと思います。少なくとも母親にも祖母にもならないことを選んでなかったかなと。。。
でも、いいんです。猫のお母さんしてますから(^_^;)
うさねこ 2007/11/17(Sat)01:28:58 編集
無題
みなさん、あたたかいコメントいただきありがとうございます。89歳でしたので、いわゆる大往生といものでしょうか、それほど悲壮感の漂うものではありませんでした。ここにお礼の言葉と変えさせていただきます。
ミッキー部長 2007/11/17(Sat)16:32:32 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
かずみん
性別:
女性
職業:
ドライフラワーアレンジメント
趣味:
ガーデニング・読書・大好きな猫と遊ぶ事
自己紹介:
日常の本音を綴った日記です。
花とハンドメイド、映画や本を読むのが大好きです。
バーコード
カウンター
アクセス解析
お天気情報
猫との約束4  HOME  お薬。

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]