忍者ブログ
大好きなお花の事、猫の事、世の中の事、 本音をつぶやくブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このテーマは一口では片付けられないのだけど、娘は医療ミスで脳障害を患ったのち、その後たらいまわし状態の受け入れ態勢で、やっとこたどりついた大学病院ではもう植物状態だったのだから・・・
で、そこでも院内感染、手術ミス、担当医に質問したら逆切れされて1時間叱責を受けたり、はたまた危篤の時には先生はアルバイトでよその病院に行っていたり・・・まぁ、正直、医者にはあまりに酷い目に会いすぎていて、語ったらキリが無く、今も診断書のお医者様探しで、あれこれ思うところもありまして・・・

でも、今回は獣医さんについて。
はっきり言って、人間の医者より酷すぎる。良いお医者様にめぐり合える可能性の低い事('';)
私は酷い医者にパルボの仔が元気だと言い放たれ、その上密室でさんざん怒鳴られて保護活動への非難、侮辱もあり、とにかく男の人の怒声が何より嫌いだから、医者探しに翻弄した。幸い、今のしらさぎ病院の先生は誠実で保護活動にもご理解があり、何より動物が好きという気持ちで全力で治療してくださる良い先生に出会えてかなりラッキーだと思う。

でも、里親さんのお話やそういう預かりさんの経験談ををお聞きすると・・・・・・・・
「はい?(- O -;) ポカー」と疑いたくなる呆れる事例の多い事ヾ(・_・;) オイオイ・・・だいたい、仔猫を見て何ヶ月ぐらいかもわからないトンチンカンな医者や(普通は歯を見るだろ!歯!)本当に猫を知っているの?という知識の無さと無いならまだ調べるとか、勉強するとかならまだ救いもあるけど、だいたいそういう医者に限って持論を頑固に言い通す。
こんな私でも知っている事を平気であーだのこーだの変な事を大袈裟に飼い主さんに脅しのように言う医者が多く、私は一番今言いたいのは、本当に猫が可愛いと思うのなら、セカンドオピニオンをお勧めする。
平気で後遺症が残るだの、命にかかわるだの、大変な病気を持っているだの、これはかなりの通院が必要だの・・・悪意があるなしにかかわらずあまりに酷すぎる。

飼い主さんは、その獣医さんが専門家であるから信じてしまうのも無理もないと思うのだが、まずは診断された病気が本当にそんなに酷い物で命に関わってかどうか今の時代は悲しいかな、調べて頂きたいと思う。それもある意味、飼い主さんにとってはワクチンの意味をただ一年に一度しておけば安心ではなく、何の為のワクチンか、また確かに今、ワクチンが開発されてない怖い病気もある。私が心配するのは、成猫に多いそういう病気であり、仔猫に関しては離乳の山を越え、ワクチンをするまでの間の管理が一番心配で、命に関わる病気とはそういうものである。お腹の虫や単純結膜炎では重篤な後遺症など聞いた事が無い。

本当に良く命に関わる病気の怖さを知っている医者は、検査の仕方も違うし、消毒も徹底してるし、私が病気の子を触ったらあとはワクチンの仔などは、私が触らない方が良いときちんとわかってくれていて、助手の方がキャリーから仔猫を取り出してくれる。そういう細かいケアは、何が仔猫にとって一番怖いかをご存知のお医者様なのだ。何でもキッチンハイターで消毒しろなんて医者は、もうすぐにでも病院を変えた方がいいと思う。
そして、失礼を承知で申し上げるが、一人歩きしている猫エイズなど、まず仔猫の血液検査を気にする方も多いと思うが、まず2ヶ月ぐらいの仔には検査の意味が無いし、まずは成猫に多いその病気は猫ドックと思い先住猫さんの検査の方をお勧めしたい。もちろん母体感染もあるのだから、一概に仔猫には無いとは言えないけれど、我が家の家猫もワクチン前には、血液検査をお願いしたりする。
仔猫にはお腹の虫もほとんどいる事が多い。でも、それはよほど重症で無い限り必ず治るし、ウンチがゆるかったり日常の日々の中、必ず起きる事で、怖いのは嘔吐の方だ。

もちろん、勉強不足である今の獣医師に問題ありと辛口で言わせて頂くが、本当に家族のように可愛い猫たちの命を任せるのであれば、私は本当に知識のある、そして何よりも誠実であるお医者様に変えていただくよう申し上げたい。そして、できれば2件ぐらいそういうお医者様に通い、こっちが休みでもこっちにいけるというのが、理想的ではあるが、悲しい事に今の動物病院はいい病院がそうそう近くに2件も無いと思うのが私の本音である。医者を信じてはいけないなんて、本当に世も末だと思い情けなくも思うのだけど、どんどん病気もウィルスも進化している以上、トンチンカンな医者はもっと襟を正し、獣医界の発展の為にも目を覚ましてもらいたい。
現在○○センターの病院がかなりの酷い治療で死ななくても済んだ犬猫のことで提訴されているが、もちろんそれは問題外だけど、素人の私でも首を傾げたくなる医者が多い今、自分の動物たちを守る為にも、獣医選びは慎重に、犬の散歩をしている人をも話し掛け、評判や情報を集め、もっと飼い主自身も知識を持たないと危ない時代なんだと私は思う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
飼主さんが一番の獣医さん
KAZUさん、おはようございます。
KAZUさんのおっしゃるとおりですね。
でも、うちみたいな田舎は市内に動物病院が1軒しかないわけで、まあ私の住んでる市はたまたま2軒ありますが、なかなか都会のように病院を変えるとはいきません。
(でも、牛さん馬さんなど畜産家畜を見る獣医さんは結構いたりして・・・(笑)。)

私はタイトルとおり、私自身が自家のネコさんの一番の獣医さんだと思います。
まあ、治療行為はできないのですが・・・。
今はネットでいろいろ情報を検索できるしQ&Aで経験者にいろいろ聞くこともできます。
ただ、ネット上の情報は玉石混合なので、なにが本当かはネコさんの状況をじっくり観察してどれが該当するか考えねばなりませんし、どのように対処するかも自己責任ですが・・・。
どこが痛いとかどんな風に具合が悪いのか、モノの言えないネコさんは父ちゃん母ちゃん(飼主さん)が頼りなのだと思います。 だからネコさんの相手ができるときはいつも、普段と違うところは無いかcheckしてます。
・・・あぁ、KAZUさんのblogを訪れていらしゃる皆さんには釈迦に説法ですね(^^ゞ。
すいません。
ただ、下痢、嘔吐、目ヤニが急に多くなったときは迷わず病院へGO!。 特にウイルス性とかは血液検査など獣医さんでないとわかりませんし、素人にはやっぱり手に負えませんから・・・。

私のかかりつけの病院は、獣医としての腕前の良し悪しは判断できませんが、質問にはきちんと答えてくれるしちょっとしたことまで料金をかけるようなことはしないので、信頼してます。

P.S 今回はリトルさんのBBSでのコクシの件を念頭に綴られたのでしょうか?
    よくわかってないのに、BBSでの私の無責任なカキコ・・・、反省してます・・・。
    m(_ _)m。
高原です。 2006/10/28(Sat)07:47:50 編集
いえ、違います!
リトルのBBSで私もコメントを書きましたが、高原さんのようにわかりやすく優しくコメントを書いてくださる方は本当に嬉しいんです。しかも、その通りだし、書いてある内容は間違いないし・・・
でも医者が平気でコクシはキッチンハイターなんて・・・と思うとがっくししてしまうんですよね(ノ_-;)ハア…
口が聞けない動物だからこそ、飼い主が見極める目を持つ事を本当にお願いしたいと思っているんです。

あんまり私はブログにこーだ、あーだと指示したり苦言のような書き方は本当はしたくないのだけど、あえて今回は今までの事例も含め、自分自身もその後悔で死なせてしまったのは私の見る目が無いからだとそんな思いを里親様にして欲しくない一心で書かせて頂きました。

高原さんは、いつもさりげなくフォローしてくださり知識も豊富で本当に有難く、リトルの後方支援の最高の人だと思いますよ。
褒め殺しじゃあぁぁ~(o ̄ー ̄o) ムフフ
KAZU URL 2006/10/28(Sat)10:51:42 編集
閑話休題
ごめんなさい。ちぃとカタイ(難い)お話になってしまって・・・。
訪れた方々が引いてたりして・・・(^^;ゞ。
KAZUさんファンの皆さまゴメンナサイ m(_ _)m 。

>いつもさりげなくフォローしてくださり
そーかなぁ、そう言われると照れるなー(^^ゞ。
フォローとかしてるつもりは無くて思ったことをカキコしてるだけですが・・・。
>知識も豊富で
いえー、ネコさんに関してもKAZUさんの足元にも及びませんです。はい。
世の中知らないことがイッパイ・・・。
いつも聞きかじりだったり、カキコしたことが正しい情報なのかヒヤヒヤしてます。
例え内容が正しくとも間違った伝わり方をして(受取る方も人間ですから・・・)悪い事態を招かないか、悩みますね。

話は変わりますが、近年は本当に「ウソツキ社会」になってきてますねー。
もー世の中偽装だらけ(笑)。
耐震偽装から始まって(かな)、社会保険庁の未納率偽装、いじめ自殺者はここ数年0だという偽装、はては今話題の高校での成績偽装・・・。学習指導要領に従わず教えてもいない教科も成績をつけるという・・・。
もー、何がなんだか・・・。
本当に我々自身が正しい知識を持たないと、場合によってはネコさんどころか自分の命まで危ないという・・・。

社会からだんだん「信頼」が無くなってきて、コイズミじゃないけど、「自己責任」だけに頼らなければならないなんて・・・。
最後は社会・コミュニティそのものが崩壊しそうなこの頃の日本です。

あーー、結局は今回のカキコもカタカッタか・・・(^^ゞ。 ゴメンナサイm(_ _)m。
高原です。 2006/10/28(Sat)21:33:59 編集
無題
こんぱんわ。
KAZUさん の仰られてる通りだと思います。
我が家のニャンズが診ていただいてる先生は、動物が大好きな先生です。
腎不全末期の子の介護をしていたときも「休診日はココに」と携帯電話の番号を教えてくれました。
実際は掛けた事はありませんでしたが、それだけでも心強かったです。
ですが、ワタシは来月に引越しをする予定。
引越し先の近くにも、こんな先生がいてくださればイイのですが…。
わらび URL 2006/10/29(Sun)00:40:22 編集
(o^∇^o)ノ
★高原さん★
いえいえ、カタイ話が出来る人が少ないので淋しかったんですよ。最近ゆも母さんも入ってくれて嬉しい限り。
私の友達は、政治と歴史と野球の話はするなって言われますもん(^-^;
節操の無い郵政民営化の復党問題なんて話たーーい!!もう恥さらしなんてもんじゃないですよね。

★わらびさん★
でも今度都内の良いお医者様情報を色々入手して里親様に聞かれることがあるので、教えてくださいましm(_ _)m3日にでも・・・
読み逃げでしたが、可愛いお洋服♪
2匹とも可愛い三毛ちゃんで、お話よりすごい美猫だと思いましたよ。
うちも可愛いけど(爆)
KAZU URL 2006/10/29(Sun)01:59:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
かずみん
性別:
女性
職業:
ドライフラワーアレンジメント
趣味:
ガーデニング・読書・大好きな猫と遊ぶ事
自己紹介:
日常の本音を綴った日記です。
花とハンドメイド、映画や本を読むのが大好きです。
バーコード
カウンター
アクセス解析
お天気情報
温泉へ  HOME  牛丼

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]